ParcAudio

トップ>過去ブログのまとめ  サイトマップ  

PARCサウンド観賞会 PARCデモ内容について

こんばんは。いよいよ今週末にPARCサウンド観賞会が開催されます。

詳細はこちらご覧ください。

 

毎年PARCでもこのイベントではいろいろな技術ネタをデモしていますが、今回は以前ブログでも少し書いた事があるマグネット関連でのユニット調整法についてやりたいと思います。

 

これについてはこちらに概略がありますが、この時はベースモデルがDCU-F122Wで既にキャンセルマグネットが付いた状態のユニットであったため、マグネットを追加した場合の実測データを掲載していませんでした。

 

そこで今回はベースモデルとして13cmウッドコーン(DCU-F131Wの試作ユニット)を使ってデモを行います。

 

デモで行う内容をお知らせしておくと、先ず2つのユニットをモノで試聴確認した後で、一方のユニットにマグネットを追加した場合(A)と、ショートバーを追加した場合(B)で比較試聴を行い、音質の変化を確認していただきます。

 

マグネットを追加した場合(A)  ショートバーを追加した場合(B)

 

先のブログでも説明しているように、Aの場合は磁束密度がアップし、逆にBの場合はダウンします。

 

結果として、下記のように磁束密度の変化が現れるBLは4.28 → 4.80 → 5.41 と見事に変化し、周波数特性は磁気制動が効いている50~100Hzの帯域はBLの低い方がSPLが増え、ピストン帯域の中域ではBLが高い方が増えています。

 

これらが実際の音でどうなるかを是非聴いてみてください。

 

 

 

 

ちなみに蛇足ですが、たまにマグネットを追加する場合に、マグネットを吸着方向で付けている方がいらっしゃいますが、これは全く逆です。

 

吸着方向でマグネットを付けると、実際は磁束密度は減少してしまいますので、見た目では磁力が増強されたように見えるかも知れませんが、実際は磁力は減っています。

 

もしこの場合に、音がしっかりしたように聴こえたとしたら、それは磁力の影響ではなく、追加マグネットが付加マス(重量)として効いている可能性が高いです。

 

正しいマグネットの付け方は、反発方向ですので、どうぞご注意ください。

 

 

では、沢山の皆様にお会いできることを楽しみにしています。

 

 

コメントを投稿

※【ご注意ください】コメント欄に不具合が生じる恐れがある為、
メールアドレスにguest@example.comを入力しないようにしてください。

*


 カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 最新記事

ショッピングサイト移行による保有ポイント使用期限についてのお願い
青パーク、入荷しました。
ホームページ表示トラブルについて
PARCサウンド観賞会 PARCデモ内容について
青パーク最新情報
ホームページのトラブルについて
青パーク、進捗続報
青パーク、デモ機情報
新機種速報2
新機種速報

 最新コメント

  • parc: SSS様 >実際にはどこまで出ているのか測定されましたでしょ...
  • sss: ちびっ子ウッド、商品ページの特性図を見ますと20kHz...
  • parc: 巽 浩太郎 様 過分なご評価、本当にありがとうございました。...
  • 巽 浩太郎: 御社の電解コンデンサー、フィルムコンデンサー、双方最高...
  • parc: マンジュウ様 >ケブラーのアルニコ って、よくよく考えたら聞いたことがありません。...
  • マンジュウ: おお!ケブラーとは意表を突かれました!...
  • parc: さとうひでし様 >この小さくても強力なネオジウムマグネットの磁力がスピ...
  • さとうひでし: 一点教えて頂きたいのですが、スピーカー保護のためにグリ...
  • parc: マンジュウ様 T116Aの件、大変失礼いたしました。...
  • マンジュウ: お返事ありがとうございます。...
  •  カテゴリー

    オーディオ
    ひとり言
    その他

     記事・コメント検索

    
    トップ | 商品について | テクノロジー | よくある質問 | 貸出し試聴機 | 会社概要 | お問い合わせ | リンク
    Copyright (C) 株式会社ドリームクリエーション | All rights reserved